ライブ・舞台 舞台

[僕魔法] 開演前の様子・見た感想

更新日:

 

[再演] 僕らは人生で一回だけ魔法が使える

2019.12/10 12/15 を観劇してきました。

この記事では、開演前の様子・見た感想 なんかを書いていきます。

 

 

 

開演前の様子

開演15分前と、5分前、終演後に、アキトを演じる方による場内放送があります。

上演中に、お手洗いなどで席を立つと、劇場内に戻れないこともあると案内がありました。

 

 

感想

ナツキが心にぐさぐさ刺さった

再演で初めて観劇しましたが、ナツキがすごく刺さりました。

高校生の時、あと一歩のところで、夢を追えなくなり、そのイライラを3人にぶつけたり、綺麗とは言えない部分をさらけ出してて、でも本当は3人のことを、ちゃんと大切に思ってて、思われてて。

私が学生の時は、嫌われたくないから、醜いところ・弱いところを見せられなかったし、関心もあまりなかったから、特別な人もいなくて、ナツキが羨ましく見えて。

でも、夢を追うどころじゃなくなった環境・お父さんがしてしまったこと・それで大切な人が不幸になっている可能性があること。

自分のせいで、大切な人が不幸になんて、絶対しんどいのに、それでも、大切だからこそ、お父さんや3人とも、向き合って、ちゃんと前を向いて、進もうとしてて。

ナツキ、凄いなって。

それが、脚本だけでなく、松村さんが演じたことにより、表情・声、感情がダイレクトに伝わってきて、号泣しっぱなし、感想書いてるだけの今も、芝居を思い出して、泣きっぱなしで(笑)

素敵だったなあ。

 

眞嶋ハルヒと高野ハルヒの違い

眞嶋ハルヒは、強さ。高野ハルヒは、優しさ。を強く出したのかなと、勝手に思っています。

高野ハルヒは、内気めというか。

眞嶋ハルヒ+高野アキトは、背中合わせに戦える相棒感。

高野ハルヒ+眞嶋アキトは、ハルヒがサポートメインだけど、サポートだけではなく、自分の芯はちゃんと持ってるみたいな…?

あの脚本だと、やはり、眞嶋ハルヒ+高野アキトが好きです。

高野ハルヒは、細かい言い回しとか、変えた方が合うのかなと思いました。

 

ネイロが絶妙

この劇の数少ない笑いどころ のネイロのシーン。

公演を重ねるごとに、言葉の強弱・重ね方・間の取り方が、絶妙で笑うしかありませんでした😆

 

ネイロがノッていて、

「アキトはカナブン!角ないのよ!!」

って言った時、高野アキトが、

(角??🙄)

って感じで、上を見ていたのが、可愛かったです☺️

アキトは聞こえていないから、反応をしないのが正しいのでしょうが、あの時はノリに乗っていましたから😆

高野アキトが反応することによって、より面白さが増しました😇

 

 

公演アンケート

僕魔法 アンケート

千秋楽でアンケート、めちゃめちゃ欲しがってたので、まだの方は、送ってあげてください☺️笑

 

 

関連記事

[僕魔法] 物販の様子とグッズ紹介 [クラブeX]

[僕魔法] 座席・ミニツリー企画 [クラブeX]

-ライブ・舞台, 舞台
-,

Copyright© みきみき ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.