ミュージカル

[スタミュミュ] Caribbean Groove2019 円盤を観賞して、思ったこと [カリグル]

更新日:

Caribbean Groove2019 通称 カリグル

言わば、高野洸くんの卒業公演であり、演者さんもファンも、いつもより特別に思い、素晴らしい公演だったと思います。

しかし、円盤を見て、こんなに落胆することになるとは。

 

 

 

 

Caribbean Groove2019 現地と配信の内容

今回、最終日の2公演のみ、ニコ生で期間限定の有料配信がされました。

そのため、現地に行けなかった私は、ニコ生で何回・何十回と拝見しました。

仕事が休みの時は、それこそ一日中見ていました。

それくらい、今回の公演は素晴らしかったのです……

 

配信では、画質が劣るのはもちろん、途中で修正してくれましたが、声と音のバランスが悪かったり、映像の切替が上手くいかなかったり、マイナス面も見受けられました。

しかし、この5人で舞台に立つのは最後なのだと、特に千秋楽は、演者さんの気合・臨場感・熱量が、段違いで、大好きな公演です。

メインの5人だけではありません。

去年は、映像の場面もありましたが、アンサンブルの方達のおかげで、回想シーンや国の悲惨な状況の重さ、内容に厚みが出たと思います。

舞台演出も、そこに海賊船なんてないはずなのに、海賊船が見えるのです。

かと思えば、爽やかな風が吹く、緑の丘に見えたり。

結末なんてわかっているのに、何回、何十回見ても、その全てが好きで、号泣しっぱなしでした。

 

Caribbean Groove2019|カリグル ニコ生配信観劇レポ

 

 

円盤の内容

そんな大好きな公演の円盤なのです。

手元に来るのが、楽しみで仕方ありませんでした。

 

見始めた時、これが千秋楽だと、分かりませんでした。

あんなに何十回も見て、目に耳に焼き付けたのに……

あまりにも、音声が違い過ぎたのです。

映像を見ていると、目に焼き付けたアングルがたびたび出てきて、

「ああ、これは音声の編集のせいなのだ」と落胆しました。

 

機械のように、ケロケロとした声。

そのせいで、歌詞が聞き取れないところすらある。

そんな歌い方なんてしていないのに、勝手に外された歌い方。

加工のしすぎで、口パクに見える違和感。

 

画質が良く、演者さんの細かい表情や、演出も見やすくなりました。

なのに、加工のしすぎで、配信ですら感じた臨場感や熱量の欠けらも感じられません。

今度は、感動ではなく、まさか、悔しさで泣かされるとは思いもしませんでした。

 

受注生産でもいい、クラウドファウンディングでもいい、配信のデータでもいい、ディスクじゃなくてデータだけでもいい。

お願いだから、あの時の感動を記録として、いつでも見れるように、手元に残させてください……

 

少なくとも私は、CDのように完璧な音程の歌声を、聞きたい訳ではないのです。

確かに、音程があっているに越したことはありません。

しかし、本当に見たいのは、舞台ならではの感情が乗った台詞・歌声。

それを消し去るまでに加工された物など、到底、納得できる訳がありません。

なぜ、この編集でOKを出したのか、疑問です。

悲しい…

 

 

関連記事

Caribbean Groove2019|カリグル ニコ生配信観劇レポ

[スタミュミュ] Caribbean Groove2019 最悪な対応

[スタミュミュ] Caribbean Groove2019 再考した [カリグル]

 

-ミュージカル
-, ,

Copyright© みきみき ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.